◆  新聞OB「九条の会」アピール  ◆
◆  新聞OB「九条の会」入会のお誘い  ◆


 

◆  お話と望年の夕べ「新聞は憲法を守れるか?」  
講演会場風景  「新聞は憲法を守れるか?」     2016年12月7日
新聞OB「九条の会」のお話と望年の夕べが12日、東京・文京区民センター で開かれました。この種行事の参加者はこれまで30人台にとどまっていましたが、この日は41人が参加。 「新聞は憲法を守れるか?」をテーマに、毎日OBで毎日労組、新聞労連両委員長などを歴任し、 現在「週刊金曜日」発行人・社長を務める北村肇さんが1時間余り講演、参加者と質疑をかわしました。 北村講師は「政府が“壊憲”の暴走を続けているのに新聞は多くの肝心のことを 報道していない。これは由々しき事態で、今こそ新聞は権力への怒りを忘れず、体を張って真実の報道に徹し なければならない」などと強調しました。
◆  講演と納涼の夕べ「武器輸出問題を学習」      
45人の参加者  NAJAT代表 杉原浩司さんの講演     2016年7月28日
新聞OB「九条の会」の「講演と納涼の夕べ」は、7月28日、東京・文京区民センターで開かれました。 予想を上回る参加者は45人。“戦争する国づくり”をめざす安倍政権下で 質量とも進化しつつある 武器輸出の問題について、武器輸出反対ネットワーク(NAJAT)代表の 杉原浩司さんの講演を聴きました。 そのなかで杉原さんは「政府は戦争法と連動し、武器輸出3原則を防衛整備移転3原則に衣替えし、 武器禁輸国を減らし、武器輸出を図る構え。軍産学複合体の完成をみない今こそ市民の力で潰さなければならない」 などと強調しました。2時間の講演と質疑のあとは納涼の夕べ、大いに飲み、 語り合いました。
◆  辺野古基地NO! 沖縄・平和ツアー           
キャンプシュワブ前とひめゆり平和記念館  5年ぶり2回目の沖縄・平和ツアーに20人参加
2015年9月15日から18日まで、3泊4日の沖縄・平和ツアーを行いました。 初日、那覇空港に11時半に到着。昼食後、対馬丸記念館を訪問。この事件は、 学童集団疎開の子どもら1800人を乗せ長崎へ向かっていた対馬丸が米潜水艦に撃沈され、 8割の乗客が犠牲に。その後、琉球新報社を訪問。 夕食は居酒屋「きゅうちゃん」で、琉球新報、 沖縄タイムスのOBの皆さんと夕食交流会。2日目、午前8時にホテルを出発。 佐喜眞美術館を訪ね、丸木位里、俊夫妻の大作「沖縄戦の図」などを見学、 舘の屋上から普天間基地を 一望。その後、道の駅「かでな」で嘉手納基地を。 さらに辺野古基地予定地前では手作りの 「辺野古新基地NO」のプラカードを手に声を上げ、 さらにその後、座り込みを続けているキャンプ・シュワブの正門前を訪ね、 次いで、東村高江のヘリパッド反対闘争の現場を訪ね交流。 3日目は、読谷村のチビチリガマを訪ねた後、 ひめゆり平和祈念資料館へ。 最後は最南端、糸満市の平和記念公園へ。4日目は、 自由行動日。瀬長亀次郎の記念館「不屈館」、牧志公設市場、首里城、県立美術館・博物館と 思い思いに見学。午後5時過ぎに羽田空港へ到着。ツアー中「闘いは必ず勝利する」 「粘り強く闘い、決して諦めない」の声をたびたび聞き、激励に出かけたわれわれがかえって励まされました。
◆  戦争法案廃案今すぐ廃案 安倍政権は今すぐ退陣 8.30大行動
国会前で  戦争法案廃案今すぐ廃案 安倍政権は今すぐ退陣
「戦争法案廃止! 安倍政権即時退陣!」を掲げ、8.30国会10万人、全国100万人大行動が 2015年8月30日午後に行われた。国会エリア、日比谷エリアに12万人が結集した。
新聞OB会の仲間も「新聞OB9条の会」の幟のもとに 日比谷エリアに60人余が結集、 「戦争法案絶対反対!」「安倍政権は今すぐ退陣!」と抗議の声を上げました。
       会報:新聞OB号外
◆  「原発ノーinフクシマ」・・・原発事故の被災地を視察               
希望の牧場のサイロ  「原発ノーinフクシマ」ツアー 2014年9月3日〜5日
 新聞OB「九条の会」は、新聞OB会の「第8回地域のつどい」との共催で、2011年3月11日の 東日本大震災から3年半経過した東電福島第1原発の被災地を視察する「原発ノーinフクシマ」ツアー を開催した。初日(3日)は、東京・八重洲から25人がバスで出発。半沢紘さんの案内で、Jビレッジ 宝鏡寺から常磐線富岡駅へ。 2日目(4日)は、帰還困難区域の検問所から飯舘村役場、 漁船が 放置されたままの浪江町から希望の牧場へ。 3日目(5日)は、農産物直売所「野馬土」で買い物をして帰途につく。
◆  「平和マップ」手に夏目坂・箱根山コース                   
 初夏の一日「新宿平和散歩」で学ぶ  2011年6月3日
 2011年6月3日(金)、新聞OB会「9条の会」は新聞OB会の「地域のつどい」と共催で、 「初夏の一日『新宿平和散歩』で学ぶ」つどいを開催した。当日は、新宿平和委員会副会長の 檜山紀雄さんにガイド役をお願いし、同会会長の近藤明さん(印刷OB会代表世話人)も、終始行動を 共にしていただいた。幸国寺の大銀杏をスタートに、喜久井町の戦災観音像、早稲田中・高の校庭にある 「いのりの碑」、旧陸軍医学校跡地から出土した人骨を収めた「納骨保管施設」、戸山公園・箱根山など を散策した。
写真をクリックして下さい
◆  2005年2月24日の世話人会の報告
 新聞OB「九条の会」が発足しました
新聞OB会は、私たちの平和憲法を守り、「戦争をする国」をめざす憲法の改悪を 阻止しようと、2月24日の拡大世話人会で、新聞OB「九条の会」を立ち上げました。 この日の会には、一般会員、世話人、役員あわせて38人が参加し、熱心に討議しました。 また、当日の参加者のなかから、幹事を選出、幹事会で今後の運営をすることとしました。
■拡大世話人会の決定はここをクリックして下さい