本文へスキップ

行田で育ち、行田で学んで良かったと思える教育の実現

TEL. 048-556-2404

〒361-0037 埼玉県行田市大字下忍2451番地

サービス/製品一覧

行田市立下忍小学校スクールプラン

 ○令和2年度

校長講話・式辞・挨拶等


令和2年度行田市立下忍小学校第1学期終業式 校長式辞
今日で43日間の令和2年度第1学期が終了します。終業式に当たり、こんな夏休みにしてほしいという2つのお話をします。
1つめは、今日という日が迎えられたことを共に喜び、自分たちの頑張りをみんなで褒め合い、ゆっくりと休み夏休みにしてほしい、ということです。
実は、1週間前の24日の夜から昨日まで、校長先生は上尾の病院に入院していました。喉の扁桃腺が腫れてしまい、そこに菌が入ってしまい、ダブルで腫れて呼吸がし辛くなるという病気でした。お医者さんから、無理をしていませんかと聞かれました。確かに、6月7月といろいろな作業を行ってきました。泥まみれ汗まみれになって作業をしていましたが、辛いとかいやだったとかという思いは全くありませんでした。なぜなら、学校がきれいになっていくことで先生や子供たちみんなが喜んでくれていたからです。もちろん、自分自身、学校がどんどんきれいになっていき、毎日を楽しく過ごすことができたからです。
でも、入院してみて、知らないうちにきっといろいろな疲れがたまっていたことに気がつきました。
そして、このことは、下忍の先生方も、下忍の子たちもみんな同じようにいろいろな疲れや思い通りにならないストレスやいろいろなことを抱えて過ごしてきたんじゃないかと思うようになりました。
3月・4月・5月の3ヶ月間の休みと、学校再開後の6月・7月ではどちらが楽しかったですか?と聞かれれば、きっとみんな同じ答えになると思います。でも、新しい学校生活様式のため、こうしたい、こんなことをしてみたいと思ってもできなかったことがたくさんあったのではないでしょうか。
先生方も今年から新しい教育が始まり、休みの期間にいろいろな構想を立て、子供たちと一緒にやりたかったことがたくさんあったはずです。そして、実現できない心のモヤモヤもたくさんあったはずです。
でも、子どもたちに会える、子どもたちも先生や友達に会える、そのことの方が楽しく、楽しさを見つけながら過ごしてきたはずです。しかし、今までとのいろいろな違いから、気がつかないうちにひょっとしたら体の変化も何かあったのかもしれません。
だからこそ、明日からの夏休み、まずはゆっくり体を休めてほしいと思っています。
2つめは、おうちの人がみんなと一緒に過ごせて安心できる、そして、みんなも安心できる夏休みにしてほしい、ということです。
今年は、まだ梅雨が明けていません。2〜3日前の天気予報では、梅雨明けは1週間先という予報になっていましたが、昨日の天気予報では、今週末にも梅雨明けしそうですね。梅雨が明けると一気に暑くなります。でも、その暑さにみんなの体が慣れていません。水泳学習もありませんでした。だから夏休み中の熱中症を特に心配しています。
また、ここ数日で新型コロナウィルス感染症の陽性者が一気に増えてきましたね。行田市の学校では明日から夏休みですが、県内の学校ではあと1週間学校へ行って絵から夏休みというところもあります。夏休みに入った途端に開放感にしたり、今までの新しい生活様式が守れなくなったらどうなりますか?
ニュースでも「2週間先の未来を変えるためにも今、行動の見直しをしましょう」という報道は毎日のように言われていましたよね。そうなったら、夏休みの終わり頃には、もっともっと感染者が増え、また学校の休校!ということになってしまうかもしれません。
だからこそ、おうちの人もみんな自身もいろいろなことに心がけ、安心できる夏休みにしていってください。
さて、ここまでお話しすると2つじゃなくて3つめに夏休み明けの話もしたくなりますが、それは2学期になってから、一緒に考えていきましょう。2学期について今でもわかっていることは2つあります。
1つは、まだまだ暑い中でのスタートになること
2つは今までに誰も経験したことのない長い期間の2学期になることです。
その2学期を充実させるためにも今日お話ししたゆっくり休む2学期、そして、安心して過ごす夏休みにしていってください。
そして、8月24日月曜日、85名の下忍の子みんなが元気に登校してきてくれることを待っています。元気にまた会いましょう!
令和2年度行田市立下忍小学校第63回入学式 校長式辞
 暖かい春の訪れとともに木々が芽吹き、正門の開校五十周年記念樹「大阪冬桜」の新芽が浅緑に輝く、今日の佳き日に、
 令和二年度行田市立下忍小学校第六十三回入学式が挙行できますこと、心より御礼申し上げます。
 さて、十五名の新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。
 先ほど、担任の先生の呼名を受け、大きな声で返事をしてくれました。そして、校長先生の顔を見て、しっかりと礼ができました。とても立派でしたよ。
 今日からみなさんは、下忍小学校の一年生です。夢を持ち、友達と共に学び、共に伸びていくことが下忍小の目標です。一緒に頑張っていきましょう。
 保護者の皆様に申し上げます。お子様のご入学、誠におめでとうございます。今日の晴れ姿に、感慨もひとしおのこととご推察いたします。
 下忍小では、恵まれた教育環境・少人数学級編成によるきめ細かな学習指導・感動体験に繋がる体験活動の三つを土台とし、『下忍小で学ばせてよかった』『下忍小で学んでよかった』という満足感ある教育活動の提供を目指していきます。
 そして、今年からはじまる新たな教育に対しても、二〇二〇教育改革にしっかりと対応し、未来に生きる子どもたちの『夢』を育み、広げ、叶えるために、一人一人の子どもたちの将来をしっかりと見据え、夢と感動を育める教育活動を実践していきますので、保護者の皆様には、どうぞ、安心して、下忍小にお子様をお預け下さい。
 本来なら、明日からランドセルを背負い、通学班で登校でしたが、昨日の緊急事態宣言を受け、臨時休校となってしまいました。様々な制限がかかる中でのお休みですので、子どもたちもストレスを感じる場面も出てきます。下忍小の教職員は子どもたちのことを一番に考えています。何かあったときは、学校を頼って下さい。一緒に考えていきましょう。
 結びに、新型コロナウィルス感染症拡大防止の対応のため、各種行事の中止や延期等により例年どおりの学校生活とならないことへのご理解と共に保護者の皆様方のご多幸をご祈念申し上げ、式辞といたします。
 令和二年四月八日 行田市立下忍小学校長 藤ア顕孝
令和2年度行田市立下忍小学校第1学期始業式 校長式辞
 今日から新学期が始まります。しかし、非常事態宣言を受け、明日からまた臨時休校となります。新年度のスタートにあたり、皆さんにはたくさんお話ししたいことがありますが、入学式がはじまるまでに皆さんは下校しなければなりませんので、ポイントを絞り、2つだけお話しします。
 1つめは、今年から下忍小学校の教育目標を見直したことです。新しい教育目標は「夢を持ち共に伸びる子」です。そして、具体目標として「自ら学び、やさしく、たくましく」と設定しました。下忍の先生方と一緒に、この目標を達成するために授業をはじめ様々な教育活動に取り組んでいきますので、早く教育目標を覚えてください。
 2つめです。新型コロナウィルス感染症拡大防止の対応についてです。
 臨時休校を含めた春休みの期間、皆さんは、普段の長期休業と違い、様々な制限や我慢の中での生活だったと思います。そのため、様々なストレスがあったのではないかと思います。担任の先生は、皆さんのことを一番に考えています。明日からまたお休みになりますが、何か悩みや相談があったなら、遠慮無く学校に連絡して下さい。先生と一緒に解決しましょう。
 結びに、平常どおりの学校生活がはじまるのは、まだいつになるのかはっきりしていませんが、みんなで力を合わせて、この難局を一緒に乗り越えていきましょう。以上で始業式のお話を終わりにします。